Vanity smurf’s twinアメリカの子供たちが大好きなコミック【Smurf】の感想【8歳ブログ】

Mia's diary

Today’s story is about Vanity smurf.

All the smurfs look the same but they all have one detail.

You can tell who’s Vanity because he has a flower on his head.

Usually, Vanity admires himself in a mirror or a pond.

Vanity always cares about himself.

In spring, Vanity changes the flower on his cap.

Vanity and the smurfs live in the hidden part forest and not many people can go instead of the smurfs.

The smurfs favorite foods are smurfberries, sarsaparilla, and sarsaparilla.

There are about 100 smurfs.

The only humans they trust are Johan, Peewit, and Honnibus.

Their main enemies are Gargamel and Azrael.

The story I chose is The smurfs and the egg.

There are 3 stories in the book, the one about Vanity, was the 3rd one.

My favorite part of the story is when Vanity’s twin became a twin.

Earlier he spoke backward and does everything the opposite of Vanity.

 

 

今日のお話は、バニティ・スマーフについてです。

どのスマーフも同じように見えるけど、ひとつだけ特徴があります。

 

頭の上に花をつけているので、誰がバニティかわかります。

普段は鏡や池の中にうつった自分を眺めてうっとりしています。

ヴァニティーはいつも自分のことを気にしています。

春になると、バニティーは帽子の花を変えます。

バニティとスマーフは隠れ里の森に住んでいて、スマーフの代わりに行くことができる人はあまりいません。

スマーフの好きなものはスマーフベリー、サルサパリラ。

スマーフは100人くらいいます。

 

彼らが信頼している人間は、ヨハン、ピーウィット、ホンニバスだけです。

彼らの主な敵はガーガメルとアズラエルです。

私が選んだお話は「スマーフと卵」です。

この本には3つのお話がありますが、バニティのお話は3つ目でした。

私が一番好きなのは、バニティの双子が双子になったところです。

以前は、彼は後ろ向きの言葉を話し、ヴァニティと反対のことを何でもしていました。

 

 

 

補足

学校から読書の課題があるので毎日本を読んでますが、みあがお気に入りの本のうちハマってよみふけってるのがこのSmurfシリーズ。

コミックだからちょっと…って思ってたけどこのお話、アメリカのお話じゃなかったんですね。

 

森の中のきのこ型の家に住む小さな青い人型生物の架空のコロニーを中心としたベルギーのコミック、なんだそう。

 

で、これにハマってずーっと読んでます。

 

 

 

 

 

コメント

Copied title and URL